被害者への保証はいつまでにすればいいの?

交通事故の加害者になってしまい、被害者に怪我をさせてしまったというケースでは被害者に対してのさまざまな保証をする必要があります。
この保証についてどのようなタイミングで支払えばよいのか、というのは保険会社を通じているのであれば、すべて保険会社に任せておくのが1番と言えます。
保険会社を間に入れている場合には特に本人同士がやり取りする必要はなく、保険会社と先方とのやりとりの中で支払いなども全て行われることになっています。

しかし保険に加入していない状態で被害者に対しての保証をしていくのであれば、まずは怪我をしてしまった被害者が病院に通うためにある程度費用が必要になってくるでしょう。
このような費用に関しても様々なケースがあり、1ヶ月まとめて請求をしてもらうことによって保証分は支払うといった方法や、ある程度まとまった金額を先方に先に渡す形で病院に通えるようにするといった場合などがあります。
ただ、無保険の場合には、やはり加害者の経済的な事情が大きく関係してきてしまいますので経済的に支払いが苦しいようであれば弁護士に相談しながら支払方法や金額についても話し合っていかなくてはなりません。

基本的には自賠責から支払われることになりますが、それでも足りなければ被害者が納得してくれないことがほとんどです。
加害者の都合に合わせて支払うというのは被害者側が納得してくれないケースも多いため途中途中で問題になってしまうようなことがあります。

保険会社の支払い方法を参考にする

保険会社から被害者に支払われる保証については基本的に示談が成立してからとなっているのですが、これはあくまでも最終的な支払いであり、病院に通うためには、先払いをしているような保険会社もあります。
このように保険会社の支払い方法を参考にしながら自分自身がどのように被害者に対する保証をしていけばよいのかについて考えた方が良いでしょう。
もちろん経済的な部分でも弁護士と相談しながら先方を含めて可能な限り先方の意向に沿うような形で応えていくのですが、それでも経済的にどうしたら厳しい状況であればある程度支払いを待ってもらうしかありません。

無保険の状態で加害者になってしまうと被害者には非常に大きな迷惑をかけてしまうことになるのですが、こういった部分も恐縮ながら、被害者には理解をしてもらうしかありません。

慰謝料等の金額がとても高くなってしまう場合には分割での支払いにしてもらう

病院に必要な費用だけではなく、その後後遺症だ認定されたりすれば当然ですが、ここで被害者側に対して支払うお金は莫大に膨れ上がってしまうことになります。
しかし、一括で支払いをするのは非常に難しくほとんどの加害者の方が一括での支払いは出来ないといえるでしょう。
そのため、前述の通り、被害者にはここでも迷惑をかけてしまうことになりますが、なんとか分割で支払いをしていくといった内容で示談に応じてもらうしかありません。

当事者同士が話をしていると感情が高ぶってしまい、言い合いになったり喧嘩になったりすることがあるので、弁護士を頼りながらうまく話し合いを進めていくように心がけなくてはなりません。
例え被害者から一括で支払ってほしいと言われても、実際の経済力を考えた上で支払うことができないのであれば分割の支払いに納得してもらうほかありませんから、こうした部分は何度頭を下げてでも被害者に理解してもらうようにしましょう。

また、分割で支払っていくといった内容についても公正証書にまとめた上で約束通りに支払う続けていかなくてはなりません。
最初のうちは一生懸命に支払う続けていてもある程度時間が経過すれば支払いをしなくなってしまうというのは加害者としての責任を放棄していることになりますから、最後までしっかりと支払いを行っていくようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする